button
button
button
button
button
button

ニュース

「いい箏しよう 箏しよう」「和楽器入門曲集なつかしいわらべうた編」など出版
「いい箏しよう 箏しよう」「和楽器入門曲集なつかしいわらべうた編」など     
5曲がマザーアースから出版されました。詳しくは著作の ページをご覧下さい。
邦楽教育に関するコメント
日本教育新聞(平成19.11.5/16面)  読者の声 学習指導要領の改訂(平成23年?)  
「小学校から和楽器必修に」
「和楽器発!の学習指導要領」素案
ご覧いただけましたら幸です。
特定非営利活動法人邦楽教育振興会は解散しました。
19年間にわたる経過の概要は、特定非営利活動法人邦楽教育振興会のページにあります。
“教育流邦楽教育”、できる限り、お手伝いをします。
箏・三味線・尺八・篠笛・太鼓など。
教育相談・体験授業・実技研修など、何なりとご連絡ください。
“邦楽教育”・“和楽器活用の教育”が議会で取り上げられています。
  • 衆議院 教育基本法に関する特別委員会…平成18年11月14日。質問者は公明党赤羽一嘉議員。
  • 衆議院決算行政監視委員会第二分科会…平成17年4月25日(月)。質問者は、公明党・赤羽一嘉議員。
  • 衆議院文部科学委員会…平成17年8月3日(水)。質問者は、公明党・池坊保子議員。
  • 新宿区議会6月定例会…平成17年6月10日(金)。質問者は、公明党・小松政子議員。
  • 大阪府議会定例会教育文化常任委員会…平成16年3月。質問者は、民主党・無所属ネット・中村哲 之助議員。
  • 新宿区議会9月定例会…平成15年9月25日。質問者は、公明党・赤羽つや子議員。
  • 大阪府議会定例会本会議…平成15年9月。質問者は、無所属府民クラブ・坂本充議員。
  • 大阪府議会定例会教育文化常任委員会…平成14年2月。質問者は、公明党・林啓子議員。
和文化教育研究交流協会
平成17年4/30(土)・5/1(日)に設立。
会 長 前国際日本文化研究センター所長 山折哲雄先生
副会長 兵庫教育大学学長兼中教審委員 梶田叡一先生
理事長 兵庫教育大学教授 中村 哲先生
来賓 公明党池坊保子衆院議員は、和文化教育を推進する議員連盟を立ち上げたい、と、お話されました
会員募集中!年会費は個人…1000円、団体…10000円を1口として1口以上。
詳細は、下記へ。
Home Page http://hsdb.soc.hyogo-u.ac.jp/wabunka/setsuritsu/kyoukai.htm
E-mail  tenaka@soc.hyogo-u.ac.jp
兵庫教育大学 社会系教育講座 中村 哲先生
tel 0795-44-2154  fax 0795-44-0174
日本教育新聞 社説(平成17・6・6)  和文化教育の普及  堂々と「日本」語れる子に
東京都教委 新教科「伝統・文化」⇒都立高一斉導入(2007年度)⇒公立小中学校(2008年度)
日本の伝統・文化理解教育推進校を設置

掲載記事など

☆邦楽ジャーナル“箏、三味線の新調弦と新譜紹介” 平成19年6月号 掲載  NEW!
・箏…民謡調子(平調子の4,6,9,11を1音上げる)。従来は別名あり。5〜10弦が民謡音階であることに由来する。
・三味線…民謡調子(一二三をミソラ)。“わらべうた”の多くが開放弦主体で演奏できる。
     3本の弾き分け練習は“わらべうた”で…。
☆邦楽ジャーナル“中央教育審議会審議のまとめについての私見” 平成19年12月号 掲載NEW!
「新学習指導要領」改訂に向けた和楽器・邦楽関連事項について。
☆邦楽ジャーナル“これが言いたい” 平成16年1月号 掲載
音楽教育版構造改革と環境整備が急務
  • 学習指導要領は告示以来約5年…行政は…諸条件を…整備しただろうか?
  • 和楽器登場は、本来の音楽教育を確立するための契機を与えてくれた…
  • 次期学習指導要領の改訂は5年以内…小学校も和楽器必修…
☆読売新聞“気流”欄への投稿 平成15年12月19日 掲載
日本人の「音」を楽しめる教育を
学習指導要領…予算の裏付けがない…先生…の研修も不十分…古くからの…「音」を「楽」しむ…環境を整えて…
★朝日新聞 “私の視点”  15・7・5 朝刊
和楽器必修 急がれる教育現場の充実
[主旨] 学習指導要領改訂は、和楽器という名の日本の音が、明治以来の音楽。教育史上初めて、西洋の音と等価値の基礎・基本の柱として認知 された歴史的大改革である。行政はそのことの重さを認識して、十分な対応をしていただきたい。
★産経新聞 特集記事 15・7.7 朝刊(執筆は喜多由浩記者)
邦楽教育 指導者いない 和楽器ない
100年のツケ大きく
★NHK 時の話題 15・5・14 ラジオ第一
和楽器導入1年を迎えて
田村孝子解説委員

INDEXページ